スポンサーリンク

お菓子食べて口の中に傷が出来た、からの3日で復活。口内炎の即効治療に成功。

Sponsord Link

口内炎出来かけの初期状態から、口内炎解消までに3日で完治させた話を書きたいと思います。

口の中に傷が出来たときって、だいたい口内炎に進行する事が多いと思うのですが(体質によるのかな??わたしはほぼそうなります。)、

どの状態から口内炎かって医学的にはよくわからないですよね。

 

わたしの定義というか考え方では、傷が出来たり、口内炎になりそうな小さいな粒がある時点で口内炎開始です。

さて、今回は夜中にビール飲みながらスナック菓子とかりんとうをテレビ見ながら食べてました。

 

寝る前に歯磨きしていたら、あれなんかちょっとしみるぞ?と思い口の中を見てみたら、あれっと、傷があるじゃないか

口内炎のサイトを作っているわたしは、ここで他の人とは違う思考になります。

 

むふふ、良い実験材料が出来たぞ、今回はどの治療法で行こうかしら

と思うわけです。

ちょっと頭おかしいですよね。。

 

さて、タイトルに3日で復活を書きましたとおり、3日目には傷は消滅していました。

 

今回行った処置について纏めますね。

いつもと違うのは初めて生葉を使ったことですね。

 

生葉についてはこちらを見てもらえると、少し纏めてあるので参考にしてください。

>>> 生葉について (記事の後半にあります。)

 

さて、書きます。

 

0日目夜 : 口の中に堅いお菓子により傷が付き、口内炎状態スタート。

 

1日目朝:リステリン タータコントロール + 生葉口内塗り薬

1日目昼:生葉口内塗り薬

1日目夕方:生葉口内塗り薬

1日目寝る前:リステリン タータコントロール + 生葉口内塗り薬

 

2日目朝:リステリン タータコントロール + 生葉口内塗り薬

2日目昼:生葉口内塗り薬

2日目寝る前:リステリン タータコントロール+ 生葉口内塗り薬

 

3日目朝:リステリンタータコントロール

この時点で、ほぼ傷は無し。

3日目昼以降:水うがい or クリアクリーンデンタルリンス

完全治癒宣言。

 

こんな感じです。

リステリンの投入を抑えるために、生葉口内塗り薬で患部のみを消毒することで、口内の殺菌しすぎを避けてみました

 

リステリンが効いたのか、生葉が効いたのかは正確なところはわかりませんが、どちらも役立っているかなという理解をしています。

効能は違いますが、生葉はケナログより伸びるし塗りやすいですね。味もミント系でおいしいですw

牛乳と酢の混合ドリンクを試したいのですが、記事にも書いたように、面倒なんですよね。。すぐ手軽な洗口液を使ってしまいます。

ではまた次の口内炎のときに。

Sponsored Link


Sponsored Link

ツイッター(Twitter)で口内炎情報発信してます。口内炎に関する役立ち情報、ちょっと面白い情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

① 口内炎の治し方(治療法)

痛みを治す、止める
» 続きを読む

② 口内炎の痛みをやわらげる

痛みをおさえる
» 続きを読む

③ 口内炎の予防・体質改善

口内炎予防、体質改善
» 続きを読む

口内炎を治す薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

マウスウォッシュ 口内炎を治す薬 洗口液
» 続きを読む

口内炎の痛みをやわらげる薬 ケナログ・パッチ(市販薬おすすめランキング)

口内炎 痛みを和らげる 薬 パッチ 大正A
» 続きを読む

口内炎の予防・体質改善の薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

口内炎 サプリ 予防 体質改善 薬 治す ビタミン
» 続きを読む

スポンサーリンク

口内炎のコラム

口内炎の周期と治療の考え方

口内炎サイクル できかけ ピーク 直りかけ
» 続きを読む

このページの先頭へ