スポンサーリンク

れんこんのムチンが口内炎に効果的 抗アレルギー作用・花粉症にも

Sponsord Link

NHKあさイチで放送された『イチおし 食べなきゃ損!れんこんの底力』を見て、れんこんの成分は口内炎にも絶対効果が高いはずだと思って調べたのですが、ビンゴ!、やはり効果があるようです。

そのれんこんの効果は、ムチンという成分によるのですが、即効性のある口内炎治療というよりは、口内炎の予防・体質改善に効果がありそうです。

 

ムチンの効果

れんこんに含まれているムチンの効果は、消化器系や呼吸器系の粘膜を保護してくれることにあります。

あさイチの放送内では、それが胃炎に効果的と放送されていました。

 

このサイトをいろいろ見られた方はわかると思いますが、

胃炎に効くということは、口の中の粘膜にも効果があると言うことです。

口の中の粘膜が弱ると、そこが口内炎になる可能性が高いため、口腔粘膜を保護することで口内炎を予防できます。

 

どれくらいれんこんを食べればいいの? 摂取量の目安は?

れんこん20-30g(2センチくらいの幅)を3ヶ月以上継続して摂取することで体質改善が期待されます。

 

れんこんのそのほかの効果は?

アレルギーや花粉症に効果が高いようです。

それはムチンではなく、れんこんに含まれるポリフェノールによります。

ポリフェノールといっても、その中には4000種類あるのですが、れんこんに含まれるポリフェノールは抗アレルギー作用として有効なポリフェノールが多く含まれているので、花粉症に効くわけです。

それにより、アレルギー性口内炎の予防にも繋がると思います。

原理的に、果物アレルギー(口腔アレルギー)にも効果があると思われますので、乳酸菌と並び、れんこんのポリフェノールは継続して摂取することでアレルギー全般に効果が高いと思います。

なかなか毎日継続するのが大変なんですけどね。。。

 

毎日続けやすいれんこんの錠剤タイプ

れんこん料理を毎日作るのは厳しいですし、サプリメントで無いかなと調べたら、ありました。

飲みやすい錠剤タイプはまだ商品の数は少ないようです。 粉末タイプはいろいろありますね。

 

Sponsored Link


Sponsored Link

ツイッター(Twitter)で口内炎情報発信してます。口内炎に関する役立ち情報、ちょっと面白い情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

① 口内炎の治し方(治療法)

痛みを治す、止める
» 続きを読む

② 口内炎の痛みをやわらげる

痛みをおさえる
» 続きを読む

③ 口内炎の予防・体質改善

口内炎予防、体質改善
» 続きを読む

口内炎を治す薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

マウスウォッシュ 口内炎を治す薬 洗口液
» 続きを読む

口内炎の痛みをやわらげる薬 ケナログ・パッチ(市販薬おすすめランキング)

口内炎 痛みを和らげる 薬 パッチ 大正A
» 続きを読む

口内炎の予防・体質改善の薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

口内炎 サプリ 予防 体質改善 薬 治す ビタミン
» 続きを読む

スポンサーリンク

口内炎のコラム

口内炎の周期と治療の考え方

口内炎サイクル できかけ ピーク 直りかけ
» 続きを読む

このページの先頭へ