スポンサーリンク

リステリン+牛乳と酢ドリンクで初期の口内炎を1日で治した。即効性あり。

Sponsord Link

前回の口内炎日記で1つずつ試して効果を検証すると書いてたのに、、また複合しちゃいました・・・。

すみません。。朝晩リステリン使うのが習慣になってしまっていて。

勇気を出して、次に口内炎が出来た時は治療の手法を絞ります。朝のうがいは水だけにしてみます。

 

今回の初期症状

■ 舌先が痛くなる (白い斑が出来るまでは進行していない)

■ 頬の裏に出来物らしきものが出来る

 

原因と思われる心当たり

1週間くらい夜寝る前に、深夜1時から2時の間に、

ビール + スナック菓子やチーズを食べる。

そしてそのあと寝る。

これが原因なことは確実。昔からこのパターンは必ず口内炎が出来る。

 

ちなみに睡眠時間は6時間強。

サプリメントの類は一切常用していない。煙草は飲んだ時・仕事の時だけ激しく吸うが、最近は吸っていない。

 

対処方法・治療方法

  • 朝・晩のリステリン
    • 朝はリステリン タータコントロール
    • 夜はリステリンナチュラルケア
  • 食後に水でうがい
  • 牛乳と酢の混合ドリンク
    • 1日1回を2日間
    • 100CCくらい。酢の分量はもはや適当。多い分にはいいだろうという考え。
    • ただし、多ければ多いほど味が厳しくなる。

リステリンと牛乳酢

結果

舌の痛みはすぐに沈静化。

頬の裏の口内炎は、拡大を止め、縮小傾向に。口内炎の痛みや口の中の違和感はもうない。

タイトルに1日で治った、と書いたが、正確には2日弱くらいか。完全に消えるまでは3日かかるだろう。

前回の噛んだ時の口内炎と比べて、今回は楽勝で治すことが出来た。

 

考察

冒頭にも書いたが、リステリンと牛乳酢の2つの方法を両方実施しているので、どちらが効果的であったかがわからない。

両方とも口内炎治療に効果的である、のは間違いない。しかし、どちらがより効果的か、の検証は出来ていない。それは次回に持ち越す。

余談だが、牛乳と酢の混合ドリンクを飲むと、非常に腸が活発になる気がする。この効果はきっと体に良いはず、と信じている。

Sponsored Link


Sponsored Link

ツイッター(Twitter)で口内炎情報発信してます。口内炎に関する役立ち情報、ちょっと面白い情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

① 口内炎の治し方(治療法)

痛みを治す、止める
» 続きを読む

② 口内炎の痛みをやわらげる

痛みをおさえる
» 続きを読む

③ 口内炎の予防・体質改善

口内炎予防、体質改善
» 続きを読む

口内炎を治す薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

マウスウォッシュ 口内炎を治す薬 洗口液
» 続きを読む

口内炎の痛みをやわらげる薬 ケナログ・パッチ(市販薬おすすめランキング)

口内炎 痛みを和らげる 薬 パッチ 大正A
» 続きを読む

口内炎の予防・体質改善の薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

口内炎 サプリ 予防 体質改善 薬 治す ビタミン
» 続きを読む

スポンサーリンク

口内炎のコラム

口内炎の周期と治療の考え方

口内炎サイクル できかけ ピーク 直りかけ
» 続きを読む

このページの先頭へ