スポンサーリンク

十分な睡眠と野菜が口内炎予防に一番効果があるのは本当だった

Sponsord Link

睡眠

当たり前のこと、だけども難しいこと、それは、睡眠を十分とること

理解は出来るけど、現実的に厳しいからあまり実践できない人が多いですよね。

 

実は、わたし、最近ちょっとした事情があり会社を長い間休めているのですが、その間、睡眠時間は毎日6時間から8時間とっています。

これは会社生活をしていると難しくて、仕事が始まると5時間睡眠くらいが多くなります。

 

それで、今回のその特殊事情により、普段体験する事が出来ない毎日6-8時間という十分な睡眠時間をとった場合に、口内炎は出来るのか、という実験をする事が出来ました。

 

口内炎の実験内容

わたしの口内炎のトリガーである、夜中寝る前にスナック菓子当のお菓子を食べ、ビールを飲んで、そして寝る

といういつものやつをやりました。

 

トリガーについては、この記事に詳しく書いてあります。

—> 口内炎を引き起こすトリガー 食べ物・飲み物原因編 <—

 

さて、2日ほど続けてやったので、いつもなら、小さなあっさり口内炎が顔を出してくるはずです。

しかも、寝ている間に起きて、何故かその瞬間唇の裏を噛んでしまうという珍事件もおき、口内炎が出来る条件は揃いまくっていました。

 

結果、、、

口内炎が全然出来ない!

唇裏の傷もあっさり治癒!

 

なんてことでしょう。。。

 

信じられません。

 

結果の考察

いつもと違うことを纏めると、

  1. 睡眠時間が長い
  2. 家で食事を取る機会が増えたので、野菜の量が増えた
  3. 仕事していないから比較的ストレスが無い

このあたりが関係ありそうです。

自分としては、1番の睡眠時間が一番大きく違うところだと思っているので、睡眠こそが口内炎予防に寄与していると考えています。

なお、朝起きた後と寝る前のリステリン・GUMを使った洗口液でのうがいは欠かしていません。

 

十分な睡眠は万病の元、、、間違いじゃないですよね。痛感しました。

わかっていても、いざ仕事や生活をしていると、そんな毎日毎日十分に寝れないよぉ、という実態があるとは思いますが。。。

Sponsored Link


Sponsored Link

ツイッター(Twitter)で口内炎情報発信してます。口内炎に関する役立ち情報、ちょっと面白い情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

① 口内炎の治し方(治療法)

痛みを治す、止める
» 続きを読む

② 口内炎の痛みをやわらげる

痛みをおさえる
» 続きを読む

③ 口内炎の予防・体質改善

口内炎予防、体質改善
» 続きを読む

口内炎を治す薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

マウスウォッシュ 口内炎を治す薬 洗口液
» 続きを読む

口内炎の痛みをやわらげる薬 ケナログ・パッチ(市販薬おすすめランキング)

口内炎 痛みを和らげる 薬 パッチ 大正A
» 続きを読む

口内炎の予防・体質改善の薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

口内炎 サプリ 予防 体質改善 薬 治す ビタミン
» 続きを読む

スポンサーリンク

口内炎のコラム

口内炎の周期と治療の考え方

口内炎サイクル できかけ ピーク 直りかけ
» 続きを読む

このページの先頭へ