スポンサーリンク

口内炎対策のうがい薬おすすめ イソジンとアズノールの違い

Sponsord Link

うがい薬 口内炎

 

みなさん、うがい薬って、用途に応じて大きく2種類あるのはご存知でしたか?

 

  1. のど・口内の殺菌消毒用のうがい薬
  2. 抗炎症、炎症の緩和(痛み止め)用のうがい薬

 

意外に知られていないのです。

 

これを口内炎の治療や予防に使うためのうがい薬としてみてみると、以下のような2分類になります。

 

1) 口内炎の治療・治りを早くするためのうがい薬

口内炎治療の原則は殺菌消毒して、口内を清潔にすることです。それは口内炎の予防にも繋がります。

では、殺菌消毒作用のあるうがい薬はどのようなものがあるでしょうか。

うがい薬の代名詞的存在である「イソジンうがい薬」は殺菌効果があります。

主成分であるポビドンヨードの殺菌効果が作用しています。

主なうがい薬(口内炎の治療用)
  • イソジンうがい薬
  • うがい薬 コロロ
  • コサジンガーグル
  • ケンエーうがい薬
  • キレイキレイ うがい薬

のどぬーるスプレーもこっちに該当しますね。

 

2) 口内炎の痛みを軽減する、痛み止めのためのうがい薬

口内炎の痛みを抑えるには、炎症と抑制する必要があります。抗炎症作用のある成分が必要です。

それに該当するようなうがい薬で有名なものは、「アズノール」があります。

アズレンを配合したうがい薬が多いですね。

主なうがい薬(口内炎の痛み軽減用)
  • アズノール(市販は無いはず)
  • ラリンゴール
  • 浅田飴 水溶性アズレンうがい薬
  • アズレアイ うがい液
  • パープルショット うがい薬

 

自分の目的に合わせて、使ううがい薬を使い分けないといけませんね。両方持っているのであれば、両方使っても良いかもしれません。

 

子供の口内炎向けのオススメうがい薬

大人と同じで問題ないのですが、味的に受け付けないという場合は、飲みやすい(子供が好きな味がある)タイプを選ぶのが良いでしょう。

口内炎治療用の殺菌消毒作用があるうがい薬の中では、キレイキレイ うがい薬のフルーツミントピーチ味、イソジンのほんのりフルーティ、などが子供向けに開発されたうがい薬です。

痛み軽減のためのアズレン系は刺激が無いので、子供でも比較的飲みやすいですよ。

 

口内炎治療のオススメうがい薬

わたしはリステリンを使っている事が多いので、うがい薬を多種試した事が無いのですが、大きな差は無いように思えます。

有名なところではやはり、イソジンとアズノールは口内炎の話と絡んでよくあがる名前ですね。

 

—> 口内炎を治す薬 リステリン等(市販のおすすめランキング) <—

 

Sponsored Link


Sponsored Link

ツイッター(Twitter)で口内炎情報発信してます。口内炎に関する役立ち情報、ちょっと面白い情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

① 口内炎の治し方(治療法)

痛みを治す、止める
» 続きを読む

② 口内炎の痛みをやわらげる

痛みをおさえる
» 続きを読む

③ 口内炎の予防・体質改善

口内炎予防、体質改善
» 続きを読む

口内炎を治す薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

マウスウォッシュ 口内炎を治す薬 洗口液
» 続きを読む

口内炎の痛みをやわらげる薬 ケナログ・パッチ(市販薬おすすめランキング)

口内炎 痛みを和らげる 薬 パッチ 大正A
» 続きを読む

口内炎の予防・体質改善の薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

口内炎 サプリ 予防 体質改善 薬 治す ビタミン
» 続きを読む

スポンサーリンク

口内炎のコラム

口内炎の周期と治療の考え方

口内炎サイクル できかけ ピーク 直りかけ
» 続きを読む

このページの先頭へ