スポンサーリンク

口内炎が馬油で治るって本当?効能・成分から分析

Sponsord Link

口内炎って年齢も性別も問わず出来ますし、絶対的な1つだけの治療方法は存在していないことから、いつの時代になっても話題になります。人それぞれ独自の治し方を持っていたり、諦めていたり、間違った方法を信じていたりと、それもあまり変わりません。

そうして匿名掲示板などでたまにスレッドが立ち、口内炎に興味がある人・苦しんでいる人で議論が起こります。

口内炎を研究している立場としては、そのような議論の場は有効な研究材料になりますし、面白いネタが潜んでいるのです。

 

本日はその中から1つ、最近わたしが見つけた「口内炎」 + 「馬油」という組みあわせが口内炎に有効なのか?という議論について考察したいと思います。

 

口内炎と馬油の組み合わせ?

知らない人が多いと思います。

口内炎には絶対馬油が効くのである!、と言っている人はそれほど多くないですからね。

ただ、馬油は効かないよと言っている意見が少なく、馬油を口内炎に使っている人は、非常に高い確率で効果が高いと感じているようなのです。

 

馬油の効能は?

馬油といえば有名な効能は、火傷が代表的で、あとは馬油シャンプーも育毛に対して有効であると有名ですよね。

口内炎に効きます、と記載があるものは、あまり見た事が無いですよね。

 

なぜ馬油が口内炎が効くのか?

口内炎で馬油が治ると言っている人は、気のせいじゃないのか? と思ったわたしは、その成分やメカニズムを調べました。

 

その結果、確かに馬油の効能によって口内炎が治るというのは、論理的な説明が可能かもしれないと信じるに至りました。

 

では、説明します!

難しい話ではないので、もう少しお付き合いください。

 

一番ケースが多いアフタ性口内炎の治療方法は、殺菌消毒が大事です。

そのため馬油が口内炎に即効性があり、治療方法として有効なのであれば殺菌効果があるかどうかが重要です。

 

調べたところ、殺菌効果がありました。正確には、捕菌効果と呼ばれています。

 

どうやって殺菌に至るかというと、馬油の特徴である凄まじい浸透力により、皮膚の中に馬油がしみこみます。グイグイ皮膚の下まで浸み込んで行きます。

それにより、患部に存在していた細菌は油により吸収される形になり、身動きできなくなります。息が出来なくなるのです。油におぼれるイメージです。

そして細菌は死にます。油が細菌を取り込み(捕菌)、身動きが出来ないほどにじーっとり包み込むことにより、殺菌するのです。

しかも殺菌を目的とした薬よりも持続力が長い(1週間以上)ときています。

 

如何でしょうか。

なんだか論理的には、理解できますし、確かに口内炎に効くというのはありえるかもしれないと信じる事が出来ますよね。

 

 

さらにですよ、

馬油には血行促進の効果もあるらしいのです。

 

血行促進と口内炎の関係は?

口内炎の痛みを和らげる方法についてはこのサイトでも書いていますが、痛みを和らげるには炎症を抑える必要があります。

炎症は原因菌と戦うことにより痛みが発生してしまうものなのです。

ケナログに代表されるステロイド剤でこの動きを止めて、痛みを和らげる方法が一般的です。

 

—>  ② 口内炎の痛みをやわらげる <—

 

この他に、痛みを和らげるには、血行を良くし、発痛物質の除去を促進する、という方法で痛みを軽減させる事が出来るのです。

 

繋がりましたね。

馬油の血行促進作用が、口内炎の痛みを軽減させる事が出来るわけです。論理的には。

 

ちなみに、この血行促進作用が頭皮に良い効能があるとされ、育毛促進としての馬油シャンプーが人気ですよね。

 

結論

馬油の凄まじい皮膚への浸透力による捕菌・殺菌能力、血行促進による抗炎症(痛み軽減)能力が十分に発揮されれば、口内炎の治療にも有効であり、痛み止めにも有効であると言う結論が導けます。

 

あれ、なんか凄過ぎるんですけど、、、、今までにそんな薬はありませんでしたよ。。。

 

リステリンは殺菌だけの効果、

ケナログは抗炎症だけの効果、

というように、これまでの方法は、どちらかの効能しかありませんでした。

 

では本当に馬油は最強の口内炎治療方法になりえるのか?

わたしがまだ試していないので、そう断言は出来ません。

なにより、上記で書いた馬油の効能は、馬油を紹介しているサイトから情報を取って来ているので、誇大表記している可能性も否めません。

それを確かめるには、自分で実際に口内炎治療に馬油を使うしかありません。

 

馬油の弱点は?

  • 買うのに敷居が高い。なんとなく初めてだと怪しさが漂います。
  • 効果がなかった時に困る。いきなりゴミになりそうですよね。
  • 塗りにくい場所には使いづらい。塗りづらい場所だと洗口液でうがいだけするほうが楽ですよね。

 

いずれにせよ、機会があれば、自分の体を使って検証後、みなさんにまた結果を紹介しようと思います。

逆にみなさんも試してもらって、わたしに教えてくれると、嬉しいです。貴重なデータになりますからね。

 

馬油ってどこで買うの?

わたしも買ったこと、試した事が無いので、おすすめ商品ではないのですが、わたしが調べた感じでは、ソンバーユという商品がメジャーな商品のようなので、まずはそれを試したいと思っています。

 

効果を見るのが 凄い楽しみです。本当に口内炎に効いたら、嬉しいな。

Sponsored Link


Sponsored Link

ツイッター(Twitter)で口内炎情報発信してます。口内炎に関する役立ち情報、ちょっと面白い情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

① 口内炎の治し方(治療法)

痛みを治す、止める
» 続きを読む

② 口内炎の痛みをやわらげる

痛みをおさえる
» 続きを読む

③ 口内炎の予防・体質改善

口内炎予防、体質改善
» 続きを読む

口内炎を治す薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

マウスウォッシュ 口内炎を治す薬 洗口液
» 続きを読む

口内炎の痛みをやわらげる薬 ケナログ・パッチ(市販薬おすすめランキング)

口内炎 痛みを和らげる 薬 パッチ 大正A
» 続きを読む

口内炎の予防・体質改善の薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

口内炎 サプリ 予防 体質改善 薬 治す ビタミン
» 続きを読む

スポンサーリンク

口内炎のコラム

口内炎の周期と治療の考え方

口内炎サイクル できかけ ピーク 直りかけ
» 続きを読む

このページの先頭へ