スポンサーリンク

中村吉右衛門さんがヘルペスで味覚障害 喉にヘルペス性口内炎

Sponsord Link

69歳になる歌舞伎俳優の中村吉右衛門が味覚障害を公表し、

その原因は喉に出来たヘルペス(口内炎だと思うのですが)だったようです。

 

>>> ヘルパンギーナの症状 手足口病との違い

 

喉に口内炎ができるのって、多くはヘルペスかヘルパンギーナが多いです。

 

しかし、

ヘルペスがこんなに辛いとは思いませんでした。

命に別状がある病気とは思っていなかったのですが、

このような形で追い詰められるほどとは。。

 

吉右衛門は「一番ひどいときは自分のつばが苦くて飲み込めない。こんな苦しい思いをするなら、食べないで『このまま逝かせてくれ』と思った。味気ないという言葉を実感しましたね」と絶望の日々を告白。点滴を打つ生活が続き、10キロほどやせたという。

 

原因は何なのでしょう。

 

病気の原因は不明と診断されたが、吉右衛門は「疲れが出たのかな」と推測した。7割程度回復したという現在、甘味は感じるようになったといい「嫌いだったオートミールが食べられるようになった」と味覚が変化したことも明かした。

 

歌舞伎界の忙しさは尋常じゃないほどに凄く、

最近半沢直樹で話題に上がっている愛之助さんも

10年間休みがなくて辛い、と言っており

ちょっとわれわれには想像できない世界です。

 

休みも少ないうえに、人前に立つプレッシャーも大変なものがあるでしょう。

 

おそらくそのような心身の疲労が、

ヘルペス菌に体がやられてしまったのは

原因として大いに考えられることです。

 

味覚障害まで引き起こし、治癒まで非常に長引いているご様子です。

心身ともに疲れきっている方というのは、

単純に普通のヘルペスのような治り方はせずに、

治療や治癒期間も困難を極めてしまうのだなという

ことがよくわかりました。

 

ヘルペスの特効薬はゾビラックスという薬品がありますが、

通常はそのような抗ヘルペス剤を使い、

10日間ほどで治癒するのが普通です。

 

>>> ヘルペス性口内炎の原因 治し方 薬【画像・写真】感染・潜伏期間

 

ヘルペスだけに限らず、

ストレスは疲れから口内炎を発症している場合は、

リステリンなどの原因細菌を殺菌するなどしても、なかなか

治り難いのだろうなと思いました。

Sponsored Link


Sponsored Link

ツイッター(Twitter)で口内炎情報発信してます。口内炎に関する役立ち情報、ちょっと面白い情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

① 口内炎の治し方(治療法)

痛みを治す、止める
» 続きを読む

② 口内炎の痛みをやわらげる

痛みをおさえる
» 続きを読む

③ 口内炎の予防・体質改善

口内炎予防、体質改善
» 続きを読む

口内炎を治す薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

マウスウォッシュ 口内炎を治す薬 洗口液
» 続きを読む

口内炎の痛みをやわらげる薬 ケナログ・パッチ(市販薬おすすめランキング)

口内炎 痛みを和らげる 薬 パッチ 大正A
» 続きを読む

口内炎の予防・体質改善の薬 リステリン等(市販のおすすめランキング)

口内炎 サプリ 予防 体質改善 薬 治す ビタミン
» 続きを読む

スポンサーリンク

口内炎のコラム

口内炎の周期と治療の考え方

口内炎サイクル できかけ ピーク 直りかけ
» 続きを読む

このページの先頭へ